2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせの記事一覧

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

1

助手、西平 幸太制作

展示のおしらせです。

版技法で銅版を担当されている非常勤講師のながさわたかひろさんの個展です。
ながさわたかひろ「新・プロ野球画報~ながさわたかひろの逆襲~」
会期:2015年1月9日(金)-1月31日(土)12:00-19:00※19日(月)26日(月)休廊
◎内覧会 『プロ野球画報 東京ヤクルトスワローズ全試合』(ぴあ株式会社)刊行記念記者会見
2015年1月9日(金)受付開始:13時30分/開始:14時 終了:14時30分頃予定
会場 :eitoeiko
東京都新宿区矢来町 32-2
会場WEB :http://eitoeiko.com

img_3171e10b4b97584e432383337d578062477091

下はながさわさん著書「プロ野球画報 東京ヤクルトスワローズ全試合」ぴあ株式会社発行¥1389(税抜)絶賛発売中!©ぴあ

-11

現在形象表現で非常勤講師をされている宮崎勇次郎さんの個展です。

会期:2015年1月9日(金) – 2月1日(日)13:00 – 18:00
開廊:金・土・日/休廊:月〜木

オープニングレセプション:2015.01.10 (土) 18:00 – 20:00

会場:GALLERY HIRAMINE TOKYO
東京都府中市住吉町4-35-33
京王線「中河原駅」より徒歩4分

会場WEB:http://www.galleryhiraminetokyo.com/

10914980_766162423463465_6501484360250868069_o

赤石隆明さん(2010年度修了)の個展です。

赤石隆明「UBRM」

会期:2015年1月10日(土) -2015年2月15日 (日)
時間:12:00-20:00 ※月曜休廊 ※1/10は18時オープンとさせていただきます。
会場:G/P gallery 渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F

会場WEB:http://gptokyo.jp/archives/1866

オープニングパーティ:1月10日(土)18:00-

ubrm

以前概念表現で非常勤講師をされていた末永史尚さんの個展です。

末永史尚「放課後リミックス」

会期:2015年1月10日(土) – 2月 1日(日)12:00-19:00

オープニング・レセプション:1月10日(土) 18:00 – 20:00

会場:Maki Fine Arts

東京都千代田区外神田6丁目11-14  3331 Arts Chiyoda #205

会場WEB:http://www.makifinearts.com/jp

suenaga_origami-thumb-540xauto-708-1

(助手 松本)

第39回全国大学版画展 収蔵賞受賞者3名

第39回全国大学版画展にて東京造形大学から11名中、3名の収蔵賞受賞者が選出されました。町田市立国際版画美術館に永久保存されます。

11名の出品者の作品を紹介します。

IMG_3439のコピー

増田奈緒/大学院2年 収蔵賞受賞※4年連続受賞

IMG_3431のコピー

田中 茜/大学院1年

IMG_3451のコピー

大杉祥子/4年

IMG_3446

尾形 愛/4年

IMG_3422のコピー

二井矢春菜/4年 収蔵賞受賞

IMG_3426

渡邊早紀/4年

IMG_3459

小黒美咲/3年 収蔵賞受賞

IMG_3442

村崎健太/3年

IMG_3437

宮川千明/3年

IMG_3456

三輪奈保子/2年

IMG_3424

室田奈央/2年

IMG_3464

第39回全国大学版画展出品者と先生方で記念撮影。

12/21(日)まで町田市立国際版画美術館にて開催中。10:00-17-:00 月曜休館

http://hanga-museum.jp/

(助手:にしひら)

rgb+ディスカッションの様子

12月12日金曜日に現在開催中の絵画専攻助手展にてディスカッションが行われました。

PC127965

左からモデレーターにお迎えした藤井匡准教授、展示作家の野内俊輔、西平幸太、松本加奈、清原亮、展覧会の企画者である母袋俊也教授です。

PC127951

rgb+展について藤井先生と母袋先生からお言葉を頂いたあと、1人ずつそれぞれの作品の前で作品紹介からスタートしました。

PC127959

PC127963

たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

PC127970

最後まで聞いて頂いた生嶋先生に締めのお言葉を頂き、無事終了いたしました。内容については後日、動画にて報告したいと思います。

Photo by Akiko Nakayama

(助手 松本)

2014年度 ZOKEI展にむけて

来月いよいよZOKEI展(東京造形大学卒業研究・卒業制作展 東京造形大学院修士論文・修士制作展)です。2015年1月24日・25日10時から17時まで開催されます。

zokeiten_2014

実質一ヶ月をきり必死な4年生と院2年生のアトリエの様子を一部紹介します。

PC117907

絵画専攻とはいえ映像作品を制作する学生もいます。まさに撮影中のようです。

PC117897

愛用していたパレットを捨てる事ができないようです。

PC117912

こちらは余裕のVサインでしょうか?

PC1179151

不思議な一枚になりました。実物必見です。

PC117913

同じアトリエで制作できるのもあと少し。大切な時間ですね。

PC117921

版のアトリエでも集中した空気です。

PC117926

緻密なうえにこの大きさ。作業量が計り知れません。

PC117931

院2年生もプレッシャーですね。

-3

こちらは大学の屋外です。建築物のような巨大な何かがあります。

-11

なんと女の子1人で建てています。寒い中がんばってます。

どう完成するのか楽しみです。ZOKEI展一ヶ月前の様子でした!

(助手 松本)

東京造形大学大学院×京都造形芸術大学大学院 Pr PROJECTS 交流展

034

東京造形大学大学院×京都造形芸術大学大学院 Pr PROJECTS 交流展

香月恵介(大学院美術研究領域1年)

久保木美里(大学院美術研究領域1年)

下山健太郎(大学院美術研究領域1年)

阿部 睦(大学院美術研究領域2年)

が出品しています。

|展示会場|

コート・ギャラリー国立

〒186-0004東京都国立市中1-8-32

|会期|

2014年12月11日(木)-12月23日(火) ※17日(水)休館

11:00−18:00(最終日は16:00まで)

|合同講評会|

12月21日(日)14:00-16:00

|交流会|

12月21日(日)16:00-18:00

(助手:にしひら)

rgb+ 2014 exhibition vol.6

東京造形大学絵画専攻助手展のお知らせです。

清原亮/西平幸太/野内俊輔/松本加奈
4名による研究発表展を開催いたします。
6回目となる[rgb+ exhibition]はペインティング、インスタレーション、版画、立体と四種四様それぞれの表現形式で構成されます。
会期|2014年12月8日(月)→ 12月20日(土)日曜休廊
時間|10:00→17:00
会場|東京造形大学ZOKEI Gallery (大学院棟12号館1F)
オープニングパーティー|12月8日(月)17:30→
ディスカッション|12月12日(金)18:30→
モデレーター/藤井匡(東京造形大学准教授)
清原亮/西平幸太/野内俊輔/松本加奈/母袋俊也(東京造形大学教授)
※本展覧会レセプションはオープニングのみとなります。

お問い合わせ|東京造形大学絵画事務室
アクセス|東京造形大学 〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556 JR横浜線相原駅「東口」→ 大学 (徒歩15分/スクールバス5分)

rgb+omote*cs6

PC087839

本日は17:30よりオープニングパーティです。ささやかなお飲物などご用意してますのでお立ち寄りくださいませ。

(助手 松本)

展覧会情報

展覧会のお知らせです。

青木真莉子さん(2012年大学院修了)

TWS-Emerging 2014[第5期]青木真莉子/伊藤大朗/ユアサエボシ

TWS渋谷では、公募展「トーキョーワンダーウォール2013」の入選者から希望者を募り、審査を経て選出されたアーティスト19組の個展を開催しています。11月29日からは第5期がスタート。初日にはアーティスト・トークや作家を交えての交流会も実施します。ぜひお越しください。
会 期|2014年11月29日(土)-12月21日(日)
会 場|トーキョーワンダーサイト渋谷
入場料|無料

11:00-19:00 月曜日休廊(祝日の場合は翌火曜日)

■11/29(土)オープニング・イベント開催

15:30~17:00 アーティスト・トーク
ゲスト:木村絵理子氏(横浜美術館主任学芸員)
17:00~19:00 交流会

作家WEB:http://maricoaoki.com/index.html

会場WEB:http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html

10557094_874761349210609_4267491303337062344_o

鈴木 知佳さん(2009年大学院修了)

「色を逃れる 白を失う-Sampling of the elements of the blank-」

会 期|2014年11月28日(金)-12月20日(土)
会 場|Gallery t / TOHO Beads Style
入場料|無料

11:00-19:00 日・月・祝日 休廊 ※12/6(土)休廊

※開廊時間、定休日を11/28より変更いたします。

■オープニング レセプション 11/28(金)18:00-20:00
■アーティスト トーク 12/13(土)14:00-16:00
ゲストに加賀美令氏をお迎えして、トークイベントを開催いたします。

会場WEB:http://www.toho-beads.co.jp/tbs/galleryt/galleryt024.html

g-main024-01

杉山恵里香さん(2011年度学部卒業)

「糸より弱くて、枝より太くて」生映画上映会-screening party

会 期|2014年12月21日(日)昼の回
会 場|東中野Coupe cafe
料 金|前売り¥2000(当日¥2500)

■前売り予約方法

①氏名、
②申込希望回、
③枚数、
④連絡先(TEL / E-mail)
を明記の上、
件名【上映会予約】にてwakarenokana@gmail.com(別野)へご連絡下さい。
予約受付が完了しましたら、確認メールをお送り致します。確認メールの送信をもって予約受付完了となります。
申込後3日を経過しても確認メールが届かない場合は、
お手数ですが同じく上記連絡先までお問い合わせ下さい。

会場WEB:http://coupecafe.com/

10639638_656186277833837_5243930219326108689_n

(助手 松本)

展示のお知らせ

広域表現非常勤講師の利部先生の展示です。

20141128-kagabu11


利部志穂
フリーズ freeze/
ママ、あめりか、こわいね。楽しいね。
2014.12.03 [水] – 2014.12.14 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
会場:Art Center Ongoing
http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=369

■■■
12月6日 (土) 19:00~
作家を囲んでのオープニングパーティー
参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)

■■■
12月13日 (土) 19:00~
ライブパフォーマンス
MAYA(Sound making, Vocal)
利部志穂×川西隆史
料金:1000円 (ワンドリンク+入場料、先着30名様、要予約)

■■■
12月14日 (日) 15:00~
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー
お好きなケーキとお飲物がついてきます
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)

画像:ブルーアワー/タマがわ、たった火 2013

photo:若林勇人

(助手 清原)

展覧会情報

展覧会のお知らせです。

「collage」櫻井想さん( 絵画専攻2013年度卒業)の個展です。

20141003103648_1

日時:2014年10月5日-10月25日 12:00〜19:00 月曜・火曜休廊                会場:RISE GALLERY                           展覧会詳細:http://www.rise-gallery.com/

「光、破片、観察」新井李奈さん(2011年度絵画専攻卒業)の個展です。

10703594_493838950752870_1961524765412007023_n

日時:2014年10月31日-11月22日 10:00〜18:00 土曜・日曜・祝日休廊     ※11/22(土)は開廊                           オープニング レセプション 10/31(金)18:00-20:00        会場:Gallery t                                         展覧会詳細:http://www.toho-beads.co.jp/tbs/galleryt/galleryt022.html

Super Open Studio

普段は制作に使用されている相模原、町田、八王子地域の共同スタジオを会期中に特別公開いたします。スタジオによって公開日が異なりますので事前にご確認ください。アートラボはしもとでも関連して企画展・ワークショップも行っております。今年はレンタサイクルもありますので、ご利用ください。

2014-sos1

会期:2014年10月18日-11月9日 ※開催期間中の土曜日と日曜日        スタジオの公開時間:13:00〜18:00                    アートラボはしもとの公開時間:10:00〜18:00

展覧会詳細:                           http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/bunka/23264/029779.html

ぜひ足をお運びください。


(助手 松本)

展覧会レポート

7月と8月に行われた展覧会のレポートです。

2つの展覧会はどちらとも近藤昌美先生オーガナイズのもと開催されました。

「跳ねる土」

日時:2014年7月19日(土) – 30日(火) 12:00 – 20:00 無休

※最終日は17:00まで

場所:HIGURE17-15cas

レセプションパーティー:7月19日18:00 –

参加作家:阿部 睦/菊池 奈緒/下山 健太郎/生井 沙織

++++++++++

見ることのできる物質世界と見ることのできない心の世界は干渉し合い、互いの世界の一部を分け合いながら均衡を保ちます。これらが相補的関係である以上、実際に知覚できるのは現実世界の側面のみであるとはいえ、私たちは目にみえない世界の存在を知ることができるのです。

本展では《跳ねる土》というタイトルを掲げています。
「土」とは、地中(見ることのできない心の世界)の存在を孕んだ、私たちが目で捉えることのできる表層です。そして「土」は自身の力のみで動くことは無く、何らかの力が作用することで、運動を始めます。
「土」が跳ねるとき、それは地中と地上という相補的な領域が互いに迫り出し、境界を揺るがそうとする力が働く瞬間です。常に隣り合う相補的な領域を循環する運動性の中でこそ、「土」は跳ね得るのです。

ここでは表と裏、過去と現在、夢と現実、主体と客体といった相補的な領域を往き来し、それらを循環、あるいは一体化させることに重きを置く4人の作家が、それぞれ異なるアプローチを試みています。ある限られた空間の中で一時的に交じり合う作品の関係性、そこに鑑賞者が加わったとき、また新たに世界が共振し、「土」が跳ねるのではないでしょうか。

企画 阿部睦

DSC_3397

DSC_3581

会場1F

DSC_3374

DSC_3359

会場2F

阿部睦/東京造形大学大学院2年

菊地 奈緒/2013年多摩美術大学大学院修了

下山健太郎/東京造形大学大学院2年

生井沙織/2013年東京造形大学大学院修了

次の展覧会は東京造形大学絵画専攻領域の学生と慶応義塾大学の美学美術史ゼミとの作品と批評のコラボ展「UNKOWNS2014」展です。

銀座のギャラリー現と藍画廊を会場に行われました。

「UNKNOWNS2014」

日時:2014年8月18日(月) – 23日(土)

場所:藍画廊・ギャラリー現(同時開催)

藍画廊/11:30〜19:00(最終日は18:00まで)

参加作家:

阿知波閑(東京造形大学絵画専攻領域4年)

土屋裕央(東京造形大学大学院美術研究領域1年)

仁禮洋志(東京造形大学絵画専攻領域3年)

ギャラリー現/11:30〜19:00(最終日は17:00まで)

参加作家:

斎藤康平(東京造形大学絵画専攻領域3年)

2

藍画廊

10685098_1552939044927994_1441396336_n

10668125_1552939051594660_2070216681_n

10660577_1552939048261327_304863150_n

ギャラリー現

10551029_1497138687199214_154289787283755355_n

朝日新聞の掲載記事

10482221_740279079365383_5506366607463170027_n

月刊ギャラリー8月号の掲載記事

学生にとって今後の作家活動を支える為の大変貴重な経験の場となったのではないでしょうか。

(助手 野内)


↑ move to top of this page