2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

個展・グループ展の記事一覧

美大生展

外苑前のセゾンアートギャラリーでの美大生展に1期、2期とも多くの美大から本学学部卒業生が選ばれて展覧会に参加しています。

まず1期の小川潤也さんの展示はすでに終わりましたが、2期目の品川はるなさんの展示は昨日2017/04/14から始まりました(画像は2期、1期の順番)。美大の絵画や彫刻をを出てその後は普通の就職、ではなくやはりアーティストとしての自立を目指す学生こそ大切です。こうした展覧会はそのスタートの1つですね。これからも頑張って欲しいものです。

(教員:近藤 昌美)

第三回 助手展

第三回 助手展が開催されています。



東京造形大学 第三回 助手展

会期:2017年3月31日(金)~5月10日(水)
休館日:日曜・祝日および5月1日(月)、2日(火)、6日(土)※ただし4月29日(土)は開館
開館時間:11:00-17:00(入館は16:30まで)
会場:東京造形大学附属横山記念マンズー美術館   観覧料:無料

WEB/http://www.zokei.ac.jp/joshuten
instagram/joshuten_zokei

絵画助手からは香月恵介、下山健太郎、田中茜と今年の3月で勤務を終えました松本加奈が出品しています。

以下写真作品部分。



香月恵介

 



下山健太郎

 



田中茜

 



松本加奈

 
また、4月29日(土)13:30~(約1時間)全展示者によるアーティストトークも開催されます。

ぜひとも足をお運びください。

(助手 香月)

卒業生 薄久保香さん展覧会案内

展覧会のお知らせです。

2003年度絵画専攻卒業生の薄久保香さんが、4月24日〜5月24日までブリュッセルTHALIE美術財団にて開催される“Wabi Sabi Shima”に作品を出品しています。

展覧会ホームページURL

http://www.thalieartfoundation.org/en/

薄久保香さんの過去作などが見れるホームページはこちらです。

http://kaoru-usukubo.com/





-2015-04-23-9.52.07

(助手 野内)

「rgb+2014 exhibition vol.6」 インタビュー、ディスカッション動画

遅くなりましたが、昨年行われた「rgb+2014 exhibition vol.6」のインタビュー動画と藤井匤先生と行ったディスカッションの動画を公開いたします。

藤井先生とのディスカッションでは現代におけるメディウムとジャンルの解釈の話を中心に濃い内容となりました。

是非ご視聴ください。



rgb+2014 exhibition vol.6 ディスカッション

モデレーター:藤井匡





rgb+インタビュー 清原亮×母袋俊也





rgb+インタビュー 西平幸太×母袋俊也





rgb+インタビュー 野内俊輔×母袋俊也





rgb+インタビュー 松本加奈×母袋俊也

(助手 清原)

展覧会のお知らせ

展示のお知らせです。

この度、3331アーツ千代田において母袋ゼミ「abflug2015」展が開催される運びとなりました。

本展は、この春卒業を控えた東京造形大学絵画専攻・母袋俊也ゼミ生による展覧会です。絵画を中心として、4人各々の表現形式で作品が展開されます。

3.14[sat]には、美術評論家である藤井匡さんをお招きし、ギャラリートーク(16:00~18:00)を予定しています。それぞれの作品、これからの制作活動への足掛かりになればと考えております。

ぜひお越しくださいませ。

表A5のコピー



裏A5

菊池遼

小池覚

佐々木瑞季

堀越宏太
会場|アーツ千代田3331  B104
会期|2015. 3. 10 [tue] – 2015. 3. 15 [sun]
時間|10:00 – 21:00 (最終日は15:00まで)
ギャラリートーク|3. 14 [sat] 16:00 – 18:00
藤井匡(東京造形大学准教授)/菊池遼/小池覚/佐々木瑞樹/堀越宏太/母袋俊也(東京造形大学教授)
クロージングレセプション|3. 14 [sat] 18:00 – 20:00

アクセス|3331アーツ千代田
〒101-0021  東京都千代田区外神田6丁目11-14

(助手 松本)

毛から

2月13日(土)から12月20日(土)まで東京造形大学CS Galleryにて大学院1年生 顧真源 劉藝 戴勇強による「毛から···」MIME三人展を開催していました。

顧 真源(テキスタイルデザイン研究領域1年生)

毛は生物の特有なものとして存在している。特に古生物から哺乳動物への進化では、毛と哺乳動物の豊かな感情とつながっている。そこで、毛は感情の象徴だと思う。われわれ人間にとって、感情によるあたたかさや幸福感などは、生きがいの一番重要な部分だと思う。毛は常に有意識や無意識的にそれを反映している。







「源」 木綿、シルク、ウール、糸 (型染め)

劉 藝(美術研究領域1年生)



我々人間は、ひとりで世界へ来て、ひとりで世界を離す。気がつかないうちに、孤独な身体が毛をもって一緒に生老病死する。毛の色、数、密度からわずかな変化によって、生きのプロセスを記録していた。しかし、その中に、毛の自身はとめとなく、誕生、死亡の循環を繰り返している。仏教語で「涅槃」という言葉がある。その仏教徒たち最も崇高な追求は毛に映し出しているではないか。

「ケ」私達はこの世のケである

キャンバス 油彩 石粉粘土 350cmx140cm




戴 勇強(グラフィックデザイン研究領域1年生)

毛とは、不思議なものでした。身体の一部分ですが、植物のように無意識的に成長しています。もしかしたら、我々の身体の中に無意識的な意識があるかもしれません。だが、人間と毛とはもともと重ねている特性があるでしょうか。仏教では、前世と来世があると言われています。つまり、毛と同じ循環に成長、死亡のプロセスを繰り返しています。

7

「毛」ブックデザイン

(助手 野内)

東京造形大学大学院×京都造形芸術大学大学院 Pr PROJECTS 交流展

034

東京造形大学大学院×京都造形芸術大学大学院 Pr PROJECTS 交流展

香月恵介(大学院美術研究領域1年)

久保木美里(大学院美術研究領域1年)

下山健太郎(大学院美術研究領域1年)

阿部 睦(大学院美術研究領域2年)

が出品しています。

|展示会場|

コート・ギャラリー国立

〒186-0004東京都国立市中1-8-32

|会期|

2014年12月11日(木)-12月23日(火) ※17日(水)休館

11:00−18:00(最終日は16:00まで)

|合同講評会|

12月21日(日)14:00-16:00

|交流会|

12月21日(日)16:00-18:00

(助手:にしひら)

rgb+ 2014 exhibition vol.6

東京造形大学絵画専攻助手展のお知らせです。

清原亮/西平幸太/野内俊輔/松本加奈
4名による研究発表展を開催いたします。
6回目となる[rgb+ exhibition]はペインティング、インスタレーション、版画、立体と四種四様それぞれの表現形式で構成されます。
会期|2014年12月8日(月)→ 12月20日(土)日曜休廊
時間|10:00→17:00
会場|東京造形大学ZOKEI Gallery (大学院棟12号館1F)
オープニングパーティー|12月8日(月)17:30→
ディスカッション|12月12日(金)18:30→
モデレーター/藤井匡(東京造形大学准教授)
清原亮/西平幸太/野内俊輔/松本加奈/母袋俊也(東京造形大学教授)
※本展覧会レセプションはオープニングのみとなります。

お問い合わせ|東京造形大学絵画事務室
アクセス|東京造形大学 〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556 JR横浜線相原駅「東口」→ 大学 (徒歩15分/スクールバス5分)

rgb+omote*cs6

PC087839

本日は17:30よりオープニングパーティです。ささやかなお飲物などご用意してますのでお立ち寄りくださいませ。

(助手 松本)

展覧会情報

展覧会のお知らせです。

青木真莉子さん(2012年大学院修了)

TWS-Emerging 2014[第5期]青木真莉子/伊藤大朗/ユアサエボシ

TWS渋谷では、公募展「トーキョーワンダーウォール2013」の入選者から希望者を募り、審査を経て選出されたアーティスト19組の個展を開催しています。11月29日からは第5期がスタート。初日にはアーティスト・トークや作家を交えての交流会も実施します。ぜひお越しください。
会 期|2014年11月29日(土)-12月21日(日)
会 場|トーキョーワンダーサイト渋谷
入場料|無料

11:00-19:00 月曜日休廊(祝日の場合は翌火曜日)

■11/29(土)オープニング・イベント開催

15:30~17:00 アーティスト・トーク
ゲスト:木村絵理子氏(横浜美術館主任学芸員)
17:00~19:00 交流会

作家WEB:http://maricoaoki.com/index.html

会場WEB:http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html

10557094_874761349210609_4267491303337062344_o



鈴木 知佳さん(2009年大学院修了)

「色を逃れる 白を失う-Sampling of the elements of the blank-」

会 期|2014年11月28日(金)-12月20日(土)
会 場|Gallery t / TOHO Beads Style
入場料|無料

11:00-19:00 日・月・祝日 休廊 ※12/6(土)休廊

※開廊時間、定休日を11/28より変更いたします。

■オープニング レセプション 11/28(金)18:00-20:00
■アーティスト トーク 12/13(土)14:00-16:00
ゲストに加賀美令氏をお迎えして、トークイベントを開催いたします。

会場WEB:http://www.toho-beads.co.jp/tbs/galleryt/galleryt024.html

g-main024-01



杉山恵里香さん(2011年度学部卒業)

「糸より弱くて、枝より太くて」生映画上映会-screening party

会 期|2014年12月21日(日)昼の回
会 場|東中野Coupe cafe
料 金|前売り¥2000(当日¥2500)

■前売り予約方法

①氏名、
②申込希望回、
③枚数、
④連絡先(TEL / E-mail)
を明記の上、
件名【上映会予約】にてwakarenokana@gmail.com(別野)へご連絡下さい。
予約受付が完了しましたら、確認メールをお送り致します。確認メールの送信をもって予約受付完了となります。
申込後3日を経過しても確認メールが届かない場合は、
お手数ですが同じく上記連絡先までお問い合わせ下さい。

会場WEB:http://coupecafe.com/

10639638_656186277833837_5243930219326108689_n

(助手 松本)

アートプログラム青梅2014 詳細おしらせ

アートプログラム青梅2014

アートプログラム青梅2014「まなざしを織る」と四大学学生展「想いを紡ぐ街」が11月8日(土)〜12月7日(日)まで開催されています。

東京造形大学関係者の出品は、母袋俊也教授が青梅市立美術館、卒業生浅野彌弦さんがサクラファクトリーに展示。

学生展は、院2岡崎詩をり、田神光季、院1香月恵介、下山健太郎、関口奈美、武地成美、劉藝、学部4年菊池遼、小池覚、佐々木瑞季、堀越宏太が出品しています。

アートプログラム青梅2014
http://artprogramome.sakura.ne.jp/wp/?page_id=846
チラシ_表

フライヤー表

チラシ_裏

フライヤー裏

IMG_0039

母袋俊也:青梅市立美術館



IMG_0040

浅野彌弦:SAKURA FACTORY



IMG_0043

岡崎詩をり(大学院2年)[24]



IMG_0033

田神光季 (大学院2年)[28]



IMG_0044

香月恵介 (大学院1年)[25]



IMG_0045

下山健太郎(大学院1年)[26]



IMG_0041

関口奈美(大学院1年)[27]



IMG_0038

武地成美(大学院1年) [29]



IMG_0042

劉藝(大学院1年)[30]



IMG_0037

ユニット「〼」菊池遼(学部4年)[31]



IMG_0054-1

ユニット「〼」小池覚(学部4年)[31]



IMG_0055

ユニット「〼」堀越宏太(学部4年)[31]

※ 学生出品者末尾の[ ]が下記マップ内の番号と照合



oumemap11
oumemap21

(助手 松本)


↑ move to top of this page