2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2013年01月の記事

ZOKEI展 

z12


1月26日(土)・27日(日)の二日間「ZOKEI展」が開催されます。
ZOKEI展は学部生及び大学院生の卒業研究・卒業制作展/大学院修士論文・修士制作展として毎年1月下旬に開催しています。
ただいま絵画棟では4年生だけでなく、1〜3年生とともに設営準備をしております。


z5


絵画棟に向かう道中大きな作品が。


z17


絵画棟に入ると吹抜けにも大きな作品があります。


z11


階段にも作品が


z16


そして見上げるとスロープ壁にも大きな作品があります。


z3


アトリエの中に入ってみると


z7


アトリエ内整備中でした。


z6


楽しそうですね。


z4


先輩のお手伝い


z8


もくもくと


z14


設置中です。


z18


そして撮影中です。


z15


建物の中は学年関係なく、みんなで助け合っています。


z1







明日はいよいよ講評会です。






z13


今年度本学を卒業する大学学部4年生および修了予定の大学院2年生が、教育研究の集大成として卒業研究・制作/修士論文・制作を一堂に出展・展示します。下記の通り開催致しますので、ぜひご来場下さい。



日時:2013年1月26日(土) –  1月27日(日)
   10:00- 17:00


会場:東京造形大学
  (JR横浜線 相原駅からスクールバス5分)

■ZOKEI展開催日のバス時刻表

www.zokei.ac.jp/news/2012/100.html




(助手: yasuyo maruyama)

「泣くな、はらちゃん」劇中画 

現在テレビで放映中のドラマ、「泣くな、はらちゃん」の劇中画を、卒業生のペンネーム、ビブオこと古田薫君(’07学部卒業)が描いています。ビブオ古田君はすでに小学館から単行本も出版されている売り出し中の漫画家です。学生時代は、油絵をしっかり描いていましたがその基本がこうして今の画力にも繋がっているのでしょう。卒業後5年で就職も経験せずに、好きなことで生活出来るということは素晴しいことです。これからも頑張ってもらいたいと思います。

http://www.ntv.co.jp/harachan/sp02/omake01.html

(教員:近藤 昌美)

在校生、卒業生展示

在校生や卒業生が何カ所かで展覧会を開いていましたので行って来ました。

まずは、日本橋の三愛ギャラリーで版画の5人展に参加していた元助手の磯上尚江さんです。(1/10〜19)

http://www17.plala.or.jp/san-ai_gallery/

IMG_0655

次には、清澄白河のアルマスギャラリーでの高橋大輔さんの個展です。2012年12/1〜1/26。

http://harmas.fabre-design.com/exhibitions/current/

IMG_0657

ここ5年間の回顧展でしたが、相変わらずタフな作品で、ファンが多いのもうなづけます。

次は、市川市のとある駅からほど近い松本春崇先生のご自宅近くのお宅の庭での展示企画で、スウェーデンからの交換留学生として形象表現指標に後期在籍していたハナ・ロマンさんの展示です。

IMG_0665IMG_06581

会場に到着したのが日没後だったので、画像が暗いですが、この後松本先生のご自宅でオープニングパーティーも開かれ、一緒にスウェーデンから来た留学生のフリーダさんや同級生、先生のお知り合いなどでにぎやかなパーティーでした。帰国直前の企画でしたが、本人にとっても面白かったのではないでしょうか。松本先生には本当に感謝したいと思います。

最後に、信濃町のアートコンプレックスセンターでのグループ展に参加していた卒業生の佐藤理恵さん(’11年大学院修了)の展示です。

http://kurum-art.com/artists/artist_rie_satoh.html

IMG_0685

IMG_0673IMG_0675

他にも、吉祥寺のギャラリー惺でも5人の卒業生が参加しているグループ展を開催中で、観て来ましたが残念ながら画像がありません。

http://gallerysatoru.com/top.html

(教員:近藤 昌美)

形象2年 講評会展

先日、形象表現2年生の講評会がZOKEIギャラリーに展示をして展覧会形式で行いました。

2-ポスター

4

2

5

3

6

きちんと展示をすると作品の見え方が変わってきて教員のアドバイスもより一層実感できたのではないでしょうか。

(助手: yasuyo maruyama)


↑ move to top of this page