2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ゼミナールの記事一覧

モーヴァン乗馬クラブ

東京造形大学から徒歩3分の場所にありますモーヴァン乗馬クラブで体験乗馬とドローイング。絵画専攻領域4年生。

動物と人との関係性、躍動する馬を実際に観察し触れることの出来る環境に大学はあります。

http://www.mal-vern.com/

 

(yu-miya)

東京造形大学母袋ゼミ拡大プログラム・インタビューシリーズ

「母袋ゼミ イ ンタ ビュー動画」アップのお知らせ

母袋ゼミでは拡大プログラムとして、作家、批評家、研究者、ジャー ナリ ストなど様々な領域の方々にレクチャーをしていただき、それを受けるかたちで母袋俊也教授が対談形式でインタビューするプログラムをすすめて います。本年度もいくつかのプログラムが計画されています。

今まで既に何本かのインタビューが本学絵画ブログ「母袋ゼミ拡大プ ログ ラム、インタビューシリーズ」としてアップされていますが、公開が遅れていた2011年、2012年に行われた以下のインタビューをアッ プいたします。

「武田昭彦:ジャコメッティ研究」
「中村宏:画家」
「金井直:美術史家」
「村田真:美術ジャーナリスト」
「末永史尚:画家」

インタビューVol.3:武田昭彦(ジャコメッティ研究)2011.10.11
レクチャー:「Looking at Giacometti あるいは貧者の芸術」
インタビュー:「ジャコメッティ あるいは3月11日以降の芸術」


インタビューVol.4:中村宏(画家) 2011.11.18
レクチャー「中村宏 自作を語る」を受けてのインタビュー


インタビューVol.5:金井直(美術史家) 2011.12.09
レクチャー「最後の手 l`ultiima manoのほつれ―「膜状性」へのアプローチ―」を受けてのインタビュー


インタビューVol.6:村田真(美術ジャーナリスト)2012.7.17
レクチャー「画家・村田真、自身の絵画を語る」を受けてのインタ ビュー


インタビューVol.7:末永史尚(画家)2012.05.29
レクチャー「末永尚史 自作を語る」を受けてのインタビュー




(助手 清原)

近藤ゼミ展3/12〜18

3/12〜18まで近藤ゼミナールの展覧会が開催されました。会場は荒川区西日暮里のアートスペース、HIGURE 17-15 cas です。http://hgrnews.exblog.jp/

295622_343224829116754_1598582570_n1IMG_1345DSCN3069DSCN3077DSCN3079DSCN3082

展示風景です。いわゆるホワイトキューブのギャラリースペースではないので、逆に展示が面白くなったと思います。学生達は本当に頑張りました。

IMG_1438IMG_1442

レセプションパーティーも美術関係者が実にたくさん集まってくださり、学生達に取っては良い卒業記念になったのではないでしょうか!?

(教員:近藤 昌美)

abflug 2013:空をよむ/母袋ゼミ有志展

秋葉原にある「3331アーツ千代田」を会場に、母袋ゼミの学生による展示が開催されています。




会期 2013年3月10日(日)〜2013年3月15(金)
時間 11:00〜20:30 ※最終日は17:00まで
会場 3331アーツ千代田 地下一階104号室
住所 東京都千代田区外神田6丁目14−14
入場無料

※会場へは東京メトロ末広町より徒歩1分。秋葉原駅より徒歩8分。

出品者:猪子まい 内田菜生 大越小百合 猿渡望 田神光季 秦義也 椋本奈津子


この展示は母袋俊也教授のゼミを受講する学生有志展です。タイトルである「abflug」は、ドイツ語で「離陸」を意味し、卒業を控える学生達の出発点となる様に名付けられ、毎年開催されてきました。今年はアーツ千代田3331で開催し、絵画を中心に、写真やインスタレーションなどの作品が展示されています。
初日である3月10日にはゲストである美術批評家の森啓輔さんと母袋教授、そして学生7名によるギャラリートークを開催し、多くの方にお越し頂きました。





お近くにお越しの際は是非ご高覧ください。

(助手:青木)

近藤ゼミ展

近藤ゼミの参加学生によるゼミ展が下記の予定で開催されます。

会期 2013年3月12日(火)ー3月18日(月)
時間 11:00-20:00 ※最終日は17時まで
レセプションパーティー 3月16日(土)18:00-20:00
会場 HIGURE17-15cas contemporary art studio
東京都荒川区西日暮里3丁目17−15

参加学生:阿部 睦 岩崎 美和 小島 佳子 小山 しおり 衣 真一郎 西原 史尋 古田 悠

会場はJR日暮里駅から徒歩5分。谷中銀座商店街の入口です。皆様のお越しをお待ちしております。

http://higure1715cas.bufsiz.jp/access.html

295622_343224829116754_1598582570_n12235_343225825783321_199814785_n

(教員:近藤 昌美)

母袋ゼミ卒展「Abflug2012-創造の揚力」

母袋ゼミ卒展「Abflug2012-創造の揚力」が、2月13日より2月23日まで、ターナーギャラリーにて開催されています。

ターナーギャラリーHPはこちら→ http://www.turner.co.jp/gallery/event/120213.html





ab2012_12

2012-02-17-12.21.09)

リーフレット詳細画像は以下のリンク先よりご覧ください。↓

http://painting.zokei.ac.jp/wp-content/uploads/2012/02/ab2012_12.pdf

http://painting.zokei.ac.jp/wp-content/uploads/2012/02/ab2012_23.pdf





Abflug石井

石井 あゆみ



Abflug井上

井上 琴文



Abflug佐々木

佐々木 耕太



Abflug千田

千田 瑞穂



Abflug野内

野内 俊輔



Abflug半田

半田 尚子



Abflug松本

松本 加奈



Abflug渡邊

わたなべ ももこ





初日には、美術批評の栗田大輔さんをゲストに、ギャラリートークが開催されました。

ベンヤミンとアドルノとの比較解釈の上で、卒業を控え今まさに大学というコミュニティー=一つのチャンネルを離陸しようとする出品者に、それぞれが自作と想定している今後のチャンネル=コミュニティについての問いが発せられ刺激的なトークが展開しました。



2012-02-17-12.13.47)

2012-02-17-12.20.05)





期日は2月23日まで、ご高覧を。

絵画専攻教授:母袋 俊也

(助手:青木)

ゼミ見学5/20,2011

私のゼミの学生と展覧会見学に行って来ました、六本木の新美術館を手始めに、その界隈のギャラリーを巡り、教員や卒業生の展示を見てから、最終地は私の友人の個展会場でダンスパフォーマンスも行われたにぎやかなオープニングでした。ついでと言っては失礼ですが、その際の巡った教員や卒業生の展示もご報告します。

CIMG6957CIMG6958

最初は既にこのブログでご紹介しましたが、今年度から形象表現研究指標の講師になっていただいた薄久保先生が参加する展覧会です。「華咲く18展」と題された18人の画家による小品展ですが、ベテランばかりのグループに招待された形での参加のようです。6回目を数える展覧会のようですが、今回は東北大震災に向けてのチャリティー展にしたとのことです。6/4まで。http://www.gallery-hana.com/

CIMG6973

次は、武内明子さん(2008年学部卒業)が参加した4人展です。銀座のギャラリーゴトウで21日までの開催でした。「G park」と題された4人展はギャラリーによるチョイスだったのでしょうか、若々しい印象の展覧会でした。武内さんは近年、「上野の森美術館大賞展」優秀賞(2007)、「飛騨高山現代木版画ビエンナーレ」協賛賞(2007)を受賞するなど頑張っている卒業生の一人です。

CIMG6965

最終地は日暮里のギャラリー HIGURE17-15 cas で、私の友人の展覧会を見ました。福島県いわき市在住で実際に大震災を被災したアーティストで、作品はその事実を色濃く反映していました。上は私のゼミ生ですがデザイン学科の学生が多いですね。 http://hgrnews.exblog.jp/16244517/

(教員:近藤 昌美)

母袋ゼミ展示 Abflug 2011-9つの飛行-

2月14日からの展示のお知らせです。



母袋ゼミ展示 Abflug 2011-9つの飛行-

2011年2月14日(月)〜26日(土)

|TURNER GALLERY|11:00-19:00|日曜休|



ギャラリートーク 2月14日(月)17:00〜 ゲスト:鷹見明彦(美術評論家)

レセプション 2月14日(月)19:00〜

出展作家:赤木遥 石川正洋 清原亮 清水信幸 中村江伶乃 生井沙織

永田淳哉 堀口美沙子 丸山知美

母袋俊也「Abflug 2011-9つの飛行-」によせて



img027

img028

TURNER GALLERY

〒171-0052 東京都豊島区南長崎6-1-3

ターナー色彩株式会社 東京支店

tel 03-3953-5155 ? E-mail:gallery@turner.co.jp

アクセス:西武池袋線[東長崎駅](南口)より徒歩5分

都営大江戸線[落合南長崎駅]より徒歩7分

ぜひご高覧ください。

(助手:真之介)

木下ゼミ-第2回目

5月19日(水)2回目の木下ゼミです。

文房堂ギャラリーに集合。版表現4年生の「版十六景」展の見学。

参加者8人。2回目なのに約半数でした。

文房堂04

いろいろとバラエティーのある作品が並んでいて面白いが、

内容、見せ方、完成度どれもこれからですね。

これからの半年でどれだけ集中して制作できるかで、大きく作品は

変わっていきます。期待しています。

今日22日(土)までです。ぜひ見に行ってください。

文房堂01

文房堂03

文房堂06

文房堂07

さて次は、ミッドタウンの21_21デザインサイトのポストフォッシル展。

Fossilは化石の意味。つまり化石燃料である石油、石炭、ガスなどを

使った現代生活以降のデザインの方向性を示す展覧会。
21_2101

この建物は安藤忠雄のデザイン。

21_2103 21_2109 21_2110

21_2104 21_2105 21_2108

今の洗練されたデザインから、これからはもっと原始的で荒々しいものに

変わっていくだろうとのこと。興味深い展覧会でした。

21_2106

アムステルダムのDroog at homeにあった椅子も展示されてました。

金属の箱を自分でハンマーで叩いて椅子の形にする。

21_2107

これは椅子に未晒しの皮をまきつけて、乾くとこうなるというもの。

21_2111

ここの後は近くの建築専門のギャラリー間(ま)に行く予定でしたが、

時間が遅くなっていたので変更して、新美術館のルーシー・リー展へ。

ルーシー01 ルーシー02

みんな知ってるのかと思っていたら、

デザイン科の学生も知りませんでした。

ルーシー・リーって言っても中国人じゃありませんよー。

有名な陶芸の作家ですから覚えてくださいね。

ルーシー03 ルーシー04

(教員:木下 恵介)

木下ゼミ-1回目

O-Jun個展1

4月21日(水)第1回目の木下ゼミ。

ミズマアートギャラリーに3時集合、O-Junさんの個展。

ゼミでは、現代美術に限らず幅広くいろいろな展覧会を

見たり、画廊回り、IKEAでショッピングもします。

O-Jun個展2

電車の遅れや場所が分からないのが数名いて、

全員集まったのは3時40分頃。なぜ迷うのか不思議。

O-Jun個展3

O-Jun個展6

六本木に移動して、新美術館のアーティストファイル展。

O-Junさんの壁面全部を使った展示は迫力あった。

近くのShonandai my galleryで原陽子展を見て、森美術館へ。

森美術館1

六本木クロッシング。

森美術館2

森美術館4

IMG_0134

森美術館5

森美術館6

森美術館7

森美術館8

森美術館10

森美術館11

森美術館12

森美術館13

森美術館14

森美術館15

森美術館16

全部刺繍の作品。皆さんいろいろ考えますねー。

森美術館17

(教員:木下 恵介)


↑ move to top of this page