2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

冊子掲載情報

キャンパスガイドの冊子にて近藤先生のインタビュー記事が掲載されています。

th_表紙

th_中ページ

(助手 松本)

1年生絵画実習Ⅰ講評の様子

1年生最初の課題の講評会がありました。

th_P4215707

講評会直前のアトリエです。

th_P5176279

助手指導のもと工具を使いながら自分の作品は自分で設置します。

th_P5186408

緊張しつつも一生懸命課題について発表します。

th_P5196467

先生方も時間が許す限りじっくり見て丁寧に指導していました。

(助手 松本)

概念表現WS

鈴木先生課題WSの様子です。全員自作の筆を持ち寄ります。

 

th_P5166178

絵画棟の一階のふきぬけを目一杯使います。

th_P5166195

あっという間に自作の筆は絵の具に染まり形が変わってしまいました。

th_P5166204

1時間半ほどのワークショップでした。翌週にはワークショップをふまえての、レクチャーが行われます。

th_P5166237

 

(助手 松本)

木枠づくり

2年生形象表現は電動工具を使用して木枠を作る授業がありました。担当は近藤先生、宮崎先生です。

th_P4255755

th_P4255758

th_01

木枠を作るための木材や帆布は大学から支給されるので、電動工具を安全に使えるようになればリーズナブルに、規定外のサイズも作れます。またパネル制作の際にも役立つ技術です。

 

(助手 松本)

アトリエ整備

2年生はまず自分たちのアトリエに壁をたてたり制作環境を整えることから始めます。助手指導のもと、壁を移動し安全に設置します。

th_P4055204

壁を運ぶのは男子の力の見せ所です。

th_P4055227

電動工具を使用し設置します。

th_P4055209

水平垂直を確認しながら固定します。

th_P4055215

壁を設置する手順は卒業制作展の際にも役立ちます。

(助手 松本)

2年生 電動工具取り扱い説明

2年生はまず授業の最初に電動工具の取り扱いについて説明をうけます。このとき用意されている道具は絵画事務室で貸し出しています。上級生は必要に応じて自分で購入します。

th_RIMG0809

電動工具はとても便利ですが使うときに注意する事も多々あります。

th_RIMG0844

担当は概念表現非常勤講師の末永先生です。卓上丸鋸は使用頻度が高いので学生全員に体験してもらいます。

th_RIMG0836

注意点をきちんと守れば安全に正確に使用できます。市販で売っていないようなサイズ、形態のキャンバスやパネルを自作する際、電動工具の技術でリーズナブルに制作でき、作品の幅も広がります。

th_RIMG0850

今回は基礎編ですが、実際にキャンバスの木枠作りの授業が来週行われます。

 

(助手 松本)

2016年度1年生ガイダンスの様子

新入生ガイダンスが先週行われました。専任の先生方からのご挨拶から始まります。

th_P4075480

そして新入生80名のみなさんにも一人一人出身地などについて自己紹介してもらいました。緊張しながらもしっかりと話していました。

th_P4075503

最後に記念の集合写真です。これから同じアトリエで制作したり授業を受けたり、切磋琢磨できる良い関係が築けるといいですね。

th_P4075538

 

(助手 松本)

2015年度 東京五美術大学連合卒業・修了制作展

2月28日をもちまして無事に国立新美術館での東京五美術大学連合卒業・修了制作展が終了致しました。展示の様子をご報告致します。

th_P1015025

th_P1015055

th_P1015049

th_P1015045

th_P1015046

th_P1015041

th_P1015040

th_P1015043

th_P1015073

th_P1015108

 

会期中には先生と学生によるガイドツアーも行われました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。大勢の方に見て頂く機会を経て、次の進路に繋がる学生も多くいたのではないでしょうか。

(助手 松本)

2015年度 東京五美術大学連合卒業・修了制作展

本年度も東京五美術大学(日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学) 連合卒業・修了制作展を、東京・六本木の国立新美術館にて開催いたします。

本学からは造形学部美術学科(絵画専攻・彫刻専攻)、大学院造形研究科美術研究領域(絵画・彫刻)の卒業・修了制作作品が展示されます。五大学絵画・彫刻の卒業・修了制作作品が一堂に会して展示されますので、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

また会期中には以下のZOKEI賞受賞者によるガイドツアーも行われます。学内で行われたZOKEI展と違う展示プランの学生もいて見応えがある展覧会になることでしょう。是非この機会にご鑑賞ください。

 

th_P1014674

岡田 舜

th_P1014792

 

th_P1014797

小黒 実咲

th_P1014711

th_P1014714

伊藤 真澄

th_P1014780

長井 美冬彩

th_P1014880

仁禮 洋志

th_P1014841

香月 恵介

 

 

068

東京五美術大学連合卒業・修了制作展

会場 :国立新美術館
(〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)
会期 :2016年2月18日(木)~2月28日(日)
ただし2月23日(火)は休館
開館時間 : 10:00~18:00(入場は17:30まで)

講演会 :芸術の破壊 ― 失われた美術品で考える「作品は誰のものか」
日 時 :2016年2月20日(土) 14:00~15:30
開 場 :13:30~
会 場 :国立新美術館3階講堂
講 師 :池上英洋(東京造形大学准教授)
※参加費無料 座席数:260名(先着順)

 

ZOKEI賞受賞者によるガイドツアー(予約不要)

展示作品解説「自作を語る」や、本学教授による絵画および彫刻専攻領域の概要をご案内します。本学の学びを実感していただける機会ですので奮ってご参加ください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 :2016年2月21日(日)2月28日(日) 両日共に 14:00~15:00

集合場所 :国立新美術館2階東京造形大学展示室入り口

その他 :参加費無料

お問い合わせ:東京造形大学教務運営セクション五美大展担当

2016年2月本ツアーは、東京造形大学による独自の企画ツアーであることから、共同で展示している他大学の展示室のツアーは実施しませんのでご注意ください。

TEL:042-637-8111 Eメール:kyomuunei@zokei.ac.jp

(助手 松本)

ZOKEI展準備の様子

さて、いよいよ明後日からZOKEI展です。先週から床や壁をペンキできれいに塗ったり、壁を建て増ししたりして、展示会場を設営していました。今は最後の作品の手直しなどに集中しています。

th_P1014487
th_P1014571

th_P1014595

th_P1014605

th_P1014280

th_P1014517

th_P1014522

 

みんな睡眠時間を削り、ギリギリまで努力しています。見応えのある展示になるのではないでしょうか。先日の雪もまだ残りっていますので、足下にお気をつけて、暖かい格好をしてお越し下さい。

 

(助手 松本)


↑ move to top of this page