2020年7月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

版表現の新学期風景

版表現の新学期は、震災の影響もあって5月からのスタートになりました。今年の2年生は、埼玉県小川町での校外授業手漉き和紙研修からスタートです。ここでは大判の和紙漉きも体験出来ます。なかなか上手くは漉けませんが、版表現に良く使用する和紙を作る工程を良く理解出来ます。また小さな漉き枠に紙の材料と布や色糸等を流し込み、簡単な紙造形も試みました。

R0011992
楮の皮むき作業です。慣れてくると結構楽しい。

R0011984
伝統的な流し漉き。上手く道具と水を操れません。要修行。

R0011979
R0012012
乾燥させます。刷毛さばきが大事です。

R0011981
簡単な紙造形遊び。こちらは修行要らず。自由にやってます。

R0011994
小川町在住で卒業生の阿藤久枝(旧姓)さんも、ゲンペイくんと来てくれました。

さて、大学での授業も始まりました。木村繁之先生の木版の授業です。素敵な参考作品を見ながら楽しそうです。木版での水性と油性の表現の違いを学びながら制作していきます。

R0012024R0012025

今年から銅版を教えて頂く、今井庸介先生の授業風景です。高度な表現技法をお持ちです。学生の皆はよく見て学んで下さい。 宜しくお願いします。

R0012093

また、今年度からは学部共通科目の版画関連の授業も新たになりました。ハイブリッド科目という科目の中に、4つの版種を学ぶ授業が出来ました。専攻も学年も共通、半期科目で版技法の基礎的内容を学びます。下の写真は、松本三和先生の版画A-リトグラフの授業風景。

R0012017

(教員:生嶋 順理)


↑ move to top of this page