2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

Switchers 3×3 8/8〜8/20,2011

うっかり、アップし忘れていましたが私、近藤がプロデュースした学生交流展が8月8日から20日まで銀座1丁目の藍画廊において開催されます。http://homepage.mac.com/mfukuda2/index.html

Switchers表面最終Switchers裏面最終

会場である藍画廊さんのご理解の上、女子美の中村一美先生、ムサ美の袴田京太郎先生との共催という形でそれぞれ自校から1名の学生を推薦し、教員も小品ですが展示するということで3×3という副題しました。「Switchers」とは、スイッチを切り替える者という意味を持たせた造語です。今年の大惨事を受けて、今のパラダイムがどう変化するのか、そのスイッチを替えようというやや大げさなタイトルですが、学生ははたしてどんな作品を出して来てくれるでしょうか?

女子美の学生もムサ美の学生も、事前に会って作品ファイルを見た印象は非常にレベルも高く、それぞれの教員が推薦して来た理由がわかりました。女子美、ムサ美ともに院2の学生に対して、うちは学部の3年生を推薦したのでハンデはあるでしょうが、どこまで頑張ってくれるか楽しみではあります。準備段階では学生同士に任せてある面もあり、その交流も本展の目的のひとつです。

初日8日の5時からオープニングパーティーもありますので、ぜひおいでください。

こうした、展覧会を教員が企画するのは学生の自主性を損なうとの批判もあるかも知れませんが、現在ではショーケース的な場の提供も重要なことだと思っています。

(教員:近藤 昌美)

ドラマ撮影8/3,2011

近頃、コマーシャルやドラマの撮影に本学かキャンパスをロケ地に使うことが多く、現在も毎週放映している某ドラマの撮影が行われていますが、今回は10月の改編期の2時間ドラマの撮影が絵画アトリエを中心に行われました。もちろん、主人公が通う美大という設定で1、2シーンの撮影で、全編のうちのほんの短いシーンでしょう。夏休みに入ったばかりのアトリエなどを使い、主人公が同級生と絵を描いているシーンには学生や助手が同級生役のエキストラで参加しました。

CIMG7826

最初は私、近藤の研究室を使って教員と主人公が話しているところを撮影したらしいのですが、準備段階で現場を離れてしまい、見られませんでした。上はスタッフの下見風景です。奥に立てかけてあるのは、主人公が描いた設定の抽象画です。

CIMG7833CIMG7838

準備風景です。座っているのは、エキストラの学生とスタッフです。

CIMG7845CIMG7844

上は、監督と演技について話している主人公役の俳優さんの後ろ姿です。Oさんというらしいですが、私は不勉強で知り得ておりませんでした。このドラマも放映時には見てみたいと思います。こうした、テレビ関係の撮影が何回も入るのも新棟のお陰でしょうか?!

(教員:近藤 昌美)


↑ move to top of this page