2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

「PROOF」版表現3年生 文房堂ギャラリー展示 

版表現研究指標3年生によるグループ展「PROOF」が、神田神保町の文房堂ギャラリーにて開催されています。特に個性派ぞろいの学年ですから、版を使ったのびやかな作品を楽しんで見ることが出来ます。是非ご高覧下さい。

「PROOF」 7月30日(月)―8月4日(土) 10:00-18:30 会期中無休 最終日は17:00まで レセプション8/1(水)17:00~19:00

文房堂ギャラリー:東京都千代田区神田神保町1-21-1 tel:03-3291-3445

以下は展示作品の紹介です。写真をクリックすると、作家名と技法が表示されます。

R0014182R0014183R0014185R0014187R0014189R0014198R0014234R0014231R0014199R0014200R0014201R0014202R0014206R0014218R0014223R0014224R0014225R0014228R0014214R0014213R00142071R0014195

(教員:生嶋 順理)

卒業生展覧会

既に終わってしまいましたが、いくつか卒業生の展示を観て来ましたのでご紹介します。

まずは銀座のニッチギャラリーでの門田光雅さん(’02年学部卒業)の個展です。門田さんは近年非常に旺盛な活動で年に何回もの展覧会を開催しています。

DSCN0231DSCN0229

実ににぎやかなオープニングで華やかな作品にふさわしいものでした。今が一番勢いがある時かも知れませんね。

次は、やはり銀座のなびす画廊で8/4日まで開催中の杉浦大和(’95年学部卒業)さんの個展です。この展覧会は銀座の12の画廊が新進作家の紹介を目的に共催している「新世代への視点2012」の中でのこの画廊の企画展示です。http://www.nabis-g.com/kikaku/k2012/sugiura-h.html

DSCN0464DSCN0465

美しい色彩の抽象絵画ですが、理屈を越えて観者に染み入るものがありました。また、今展は東京新聞7月13日夕刊の美術評に、やはり卒業生で画家,批評家の古谷利裕氏による批評が掲載されていました。

最後に、京橋のギャラリー檜Bで今春大学院を修了した上岡葵さんが7/23〜28まで個展を開催していました。

DSCN0468DSCN0469DSCN0466

形象をかすかに想像させる抽象で、色面の質を楽しませてくれるような作品でした。今後も頑張って行って欲しいと思います。

他にも何人かの卒業生が展示してましたが、回り切れず残念でした。造形絵画の卒業生は作家として非常に活動的で、教員としては嬉しい反面、そのすべてを観てやることが出来ず申し訳なく思っています。

(教員:近藤 昌美)


↑ move to top of this page