2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

「UNKOWNS」展のお知らせ

flyer表7flyer2

8/20から25日まで、私、近藤が企画した学生展が銀座の2カ所の画廊、藍画廊と、ギャラリー現で始まります。この「UNKOWNS」展とは、その名の通りいまだ学外での個展やコンクールでの受賞歴の無い学生をセレクトして企画したものです。今展は単に学生作品をお観せするということに留まらず、慶応義塾大学理工学部准教授の近藤幸夫先生の協力を得て、近藤幸夫先生の美学美術史ゼミの学生に、本学学生作品に対する批評文を書いてもらうというのが特徴です。同世代の作家と批評家のそれぞれ卵ともいえる者同士が、何度かの話し合いの上、同一の画廊空間に作品と批評文を提示するというものです。会期は1週間と短いですが、ぜひご高覧いただければありがたいと思います。初日17時より藍画廊にてオープニングパーティーがございます。

藍画廊:http://igallery.sakura.ne.jp/aigarou.html

ギャラリー現:http://g-gen.main.jp/index.html

(教員:近藤 昌美)

ぞっこんの法則/アートラボはしもと

橋本駅近くのアートラボはしもとで「ぞっこんの法則」という学生企画の展覧会を観て来ました。これは相模原市のエキジビジョンプログラムの一貫で、今回で第6期になるようですが、初めて会場を相模原市民ギャラリーから新たに出来たアートラボはしもとに移しての開催なようです。学生企画による学生作家の展覧会と銘打つように、全て運営から出品まで学生に手になる企画です。今回の展示は本学の絵画専攻をはじめ、本学デザイン学科。多摩美、女子美の学生作家も出品していますが、ここでは絵画から参加している2名の作品を紹介したいと思います。

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/bunka/23264/23271/23469/index.html

http://exipro6th.blog.fc2.com/

CIMG2051

会場入口です。

CIMG2052CIMG2053

上2画像は、4年生の佐藤友治君の「ギャルの部屋」という作品の一部です。絵画作品を中心に空間全体を創り出していて、非常に力作でした。メディアの中で消費されているともいえる、現代の女性性を虚構感を持たせてシミュレートしている作品なのではないでしょうか。

CIMG2062CIMG2063CIMG2064

2階の大きな部屋で個展のように展示していたのは概念指標3年の高山夏希さんです。大作を中心に出品数も多く、こちらも充実していました。個性的な筆触が印象的な力のある絵画作品で、3年生ながら制作量も多く見応えがありました。

他学の学生作品もそれぞれ面白く、楽しめる展覧会だったと思いますが、なにより授業から離れ、学生だけで形作って行く企画を経験出来ることが素晴しいことだと思いました。8/26までですのでまだの方はぜひご高覧いただければと思います。

(教員:近藤 昌美)

土屋C.C.M(コードカラーミュージアム)展

4年の土屋陽子さんが、千葉県のご実家で開催している土屋C.C.M/コードカラーミュージアム「発信源/The place of Dispatch」展に行って来ました。千葉駅から電車で1時間かかる山武市松尾というところに土屋さんのご実家があり、その敷地での個展です。講師の松本春崇先生の企画で、コードカラーとは個々人の暗号化された色彩という意味らしく、家族の美学によって運営されるとして、家庭の内側の美学を、コードカラーというキーによって外側へ公開して行く試みらしく,これは松本先生のプロジェクトの一貫らしいです。その第1回目の企画が今展のようです。9/15までの週末。

CIMG2016

都心から2時間ほどで、山武市松尾駅に到着です。単線ののどかな駅で,もう九十九里海岸もそれほど遠くありません。

CIMG2021

オープニングパーティーが盛況です。

CIMG2029

同級生の豊田さんも駆けつけていました。その他、教員が松本さん、私を含め4名も来ていました。

CIMG2030CIMG2024CIMG2032

作品は広い敷地内の野外や倉庫に展示されていました。上の野外の本人が立っている後ろの構造体の色彩が、土屋さんのコードカラーということでしょうか?

CIMG2034CIMG2040

先生方も遠路はるばるでしたが、楽しそうでした。下はご帰宅されたお父上ですが、こうしたイベントにも好意的で、ご家族の支援の暖かさが素晴しかったですね!

(教員:近藤 昌美)


↑ move to top of this page