2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ヨーロッパ美術研修旅行2010 in Paris 中編

進化大博物館

2月20日(土)。この日みんなはルーブルとオルセーなどへ。

僕は興味ないので別行動。ジャン・ヌーベルのアラブ世界研究所と

ジュ・ド・ポーム、ケ・ブランリー美術館。

土曜日だから朝の街は静かです。正面は進化大博物館。

ディーゼル広告

ディーゼルのバカになれ!という広告。

川からの眺め1

川からの眺め2

けっこう暖かくて、川沿いの道が気持ちよかった。

アラブ世界研究所1

アラブ世界研究所5

アラブ世界研究所。正面の外壁がイスラム模様に見えますが、

これがカメラの絞りのようになっていて、

自動で開閉して内部の明るさを調整します。

アラブ世界研究所3

絞りのアップ

屋上からの眺め1

屋上からの眺め2

屋上からの眺め。人がいなくて穴場でした。

アラブ世界研究所4

機能と美しさとアイデア。3拍子揃ったきれいな建築。

オルセー

チュイルリー公園から見たオルセー。

ジュドポーム

ジュ・ド・ポーム(国立写真美術館)。

建物はきれいでしたが、展覧会は見なくてもよかったな。

横はコンコルド広場で賑やかです。

橋からの眺め2

アンヴァリッド広場

アンバリッド広場。ブラブラ歩いてケ・ブランリーへ。

ケブランリーとエッフェル塔

やってきました。今日2つ目ジャン・ヌーベルのケ・ブランリー。

アジア、アフリカ美術館。

ケ・ブランリー美術館2

ケ・ブランリー美術館正面

ケ・ブランリー美術館3

ケ・ブランリー美術館4

ケ・ブランリー内部1

ケ・ブランリー美術館

内部は薄暗く不定形で凸凹の壁が並んで、洞窟の中のようでした。

ケ・ブランリー美術館5

飛び出しているカラフルなボックスは展示室。

ケ・ブランリー美術館6

ガラスウォールと建物の回りの庭園はカルティエ財団美術館と共通しますが、

美術館自体はまったく異なり、その違いも面白かった。
ケ・ブランリー美術館7

3月18日(木)記。

(教員:木下 恵介)


↑ move to top of this page