2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

田中さえ個展、浅野彌弦グループ展

卒業生が二人、それぞれ京橋の画廊で展示をしていましたので行って来ました。

田中さえさん(09年学部卒業、概念表現)が、中央区京橋のGALLERY b.TOKYOで12日から個展を開催しています。17日まで。田中さんは昨年に引き続き2度目の個展です。

CIMG8423

CIMG8424

年に1回のペースで個展を開く制作量を維持しているのは素晴らしいことですね。クオリティーも上がって来て充実した個展でした。

同じ京橋のギャラリー檜 puls では開廊記念展としてグループ展を企画していますが、そのPart 2に卒業生の浅野彌弦さん(01年学部卒業、概念表現)が参加しています。

CIMG8416CIMG8414

浅野さんは卒業以来、コンスタントに個展やグループ展を開催して来ています。コツコツと真摯に制作する姿勢は素晴らしいと思います。

(教員:近藤 昌美)

絵画1年生集中授業 版技法

夏休みが終わり、今週から本学では後期授業がはじまりました。絵画1年生は5週間集中授業の「版技法」でスタートです。この授業では、版画の基本的な版種である銅版画、木版画、リトグラフの中から2つの技法を選択し、作品制作を通して学びます。この3つの版種を、木下 恵介・今井 庸介・木村 繁之・常田 泰由・元田 久治・山口 真祐・和田ときわ、の7名の先生方が担当し、数名のティーチングアシスタントが補佐します。絵画棟地下にある版アトリエにて銅版画制作とリトグラフのプレスワークを行い、2階にある1年生アトリエで、木版画とその他の描画制作等行います。短期間で版の技法をマスターしながら作品制作を行う内容濃い授業を、みんな頑張っています。

下は木版画授業風景。プレス機も使い、油性と水性の両方を学びます。

P9166528P9166527

P9166531P9166529

地下の版アトリエでは、銅版画とリトグラフのプレスワークを行っています。銅版画の説明と版への描画の様子です。

P9166540P9166551

P9166541P9166542

腐蝕で版が出来たら、インクを詰めてプレス機で刷ります。刷り上がりの瞬間が嬉しいのです。

P9166543P9166548P9166547

リトグラフの制作作業風景です。初めての慣れない機材に戸惑いながら、少しずつイメージを紙に刷りとっていきます。

P9166534P9166535P9166533

1年生でもこんな大きなプレス機も使います。

P9166539P9166538

皆さん怪我の無いように気を付けて、制作頑張ってください。

(教員:生嶋 順理)


↑ move to top of this page